TOPWHAT's IN? tokyo 『ラスアス2』が3日間で世界累計販売数...

『ラスアス2』が3日間で世界累計販売数400万本突破! 『サイバーパンク2077』は11月に発売延期

梅雨空が続いていますが、ゲームシーンではさまざまなニュースが飛び交い、退屈とは無縁だった6月。今年の目玉タイトルである『The Last of Us Part II』も発売され、全世界で大ヒットとなっています。東京ゲームショウ2020 オンラインのアナウンスもあり、またひとつゲームシーンが動き出した感も。そんな6月後半の注目の出来事をお届けします。

構成・文 / WHAT’s IN? tokyo編集部


◆『The Last of Us Part II』が世界で支持! 東京ゲームショウ2020オンラインの詳細も発表!! KFCに世界がザワつく!?
6月19日にソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)より『The Last of Us Part II』が発売されました。本作はパンデミックで崩壊した世界を描いたアクションアドベンチャーのシリーズ2作目で、1作目から5年後を描いています。前作で、襲い来る“感染者”や絶望的な状況から生き延びた少女エリーが、復讐の旅に出ることに。道中では生存者との対立やセンシティブな問題など感情を揺さぶられる出来事が待ち受けており、その壮絶さも話題となっています。同作は発売後わずか3日間で世界累計販売数400万本に達したと報じられており、SIEのPlayStation®4(以下、PS4)タイトルでは過去最速の記録を達成。発売週には国内セールスランキングで『あつまれ どうぶつの森』の地位を崩しました。また、前作のリマスタード版もランキングに浮上しています。