TOPWHAT's IN? tokyo 放送再開が待ち切れなくて…「1話~3話...

放送再開が待ち切れなくて…「1話~3話だけ何度も観てしまう」 アニメ『天晴爛漫!』その演出に、テーマに心が躍る理由

エンタメがくれる自由と刺激が突然奪われてしまった2020年春、“1話~3話だけ”を何度も何度も観てしまった作品がある。P.A.WORKS制作のオリジナルアニメ『天晴爛漫(あっぱれらんまん)!』だ。本作は、4月にTV放送をスタートさせるも、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、第4話以降の放送・配信が延期となっていた。

作品の舞台は19世紀末~20世紀初頭。ある事故で日本からアメリカに漂流してしまった無一文の男ふたりが、日本へ帰る資金を手に入れるべく、過酷な“アメリカ大陸横断レース”に参加するという痛快活劇だ。個性豊かなキャラクター、ワイルドな自動車アクション、音楽から漂うカントリーな雰囲気が、どこか懐かしいコメディ作品となっている『天晴爛漫!』。待ちに待った7月3日からの放送再開(あらためて第1話から放送!)を祝して、本作の魅力をあらためて紹介する。

文 / 実川瑞穂


◆『天晴爛漫!』であり『小雨爛漫!』 ふたりの主人公による痛快凸凹バディ
『天晴爛漫!』の主人公は、頭脳明晰だが社交性ゼロのメカニック 空乃天晴(そらの あっぱれ/CV:花江夏樹)と、剣の腕は立つのに器用貧乏な下級役人 一色小雨(いっしき こさめ/CV:山下誠一郎)。“破天荒なキャラと、それに振り回されるお人よしな苦労人”という、分かりやすい図式のバディものである。天晴が機械いじりに夢中で周りに何かと迷惑をかけがちなため、お目付け役である小雨は常に苦労が絶えない。

ところがその図式に、不思議と嫌みは感じない。『天晴爛漫!』と言うからには天晴の物語なのだが、同時に『小雨爛漫!』でもあるからだ。小雨は、誰にも尊敬されないけれど、誰よりも共感されるキャラクターとして丁寧に描かれている。そこが、この作品のうまいところ。