TOPWHAT's IN? tokyo 瑛人 ただひたすら“いい曲”“いい歌”...

瑛人 ただひたすら“いい曲”“いい歌”を追求。「香水」のピュアなスタンスの魅力

瑛人(読み“えいと”)の「香水」がストリーミングを中心に大ヒットを続けている。2019年にデジタル配信のみで発表されたこの曲は、リリースから約1年を経て、まずはストリーミング(Spotify、Apple Music、LINE MUSIC)などで再生数を伸ばし、著しいチャートアクションを記録。さらに5/25付のBillboard JAPAN “JAPAN HOT 100”で1位を獲得し、その後も数週に渡って3位以内をキープ。YOASOBIの「夜に駆ける」と並び、2020年前半を象徴するヒット曲として認知されている。

「香水」のヒットによって瞬く間に知名度を上げた瑛人は、現在23才のシンガーソングライター。横浜出身で、アルバイトをしながら音楽活動を続けているという。兄がカラオケで歌っていた清水翔太の「HOME」をきっかけに音楽に興味を持ち、J-POP、ヒップホップに傾倒。高校卒業後、フリーターになった彼は、友達のダンサーに刺激を受け、「自分も好きなことをやってみよう」と祖父から譲り受けたギターを手にして歌い始めた。音楽学校に通い、少しずつ作詞・作曲、ライブを重ねてきた瑛人の最初の作品が、昨年4月にリリースしたEP「香水」(「香水」「またね」「君の愛と僕の愛」収録)だ。世界中のアーティストが“ストリーミングの有力なプレイリストに入る曲”を模索しているが、瑛人はただひたすら“いい曲”“いい歌”を追求していたという。戦略やマーケティングを意識せず、まずは自分の中に生まれたメロディと言葉を届ける。そのピュアなスタンスもまた、「香水」の魅力なのだろう。

アコースティックギターと歌、オーガニックな手触りのビートが混ざり合った「香水」はきわめてシンプルな構成のミディアムチューン。心地よく揺れるリズムと素朴とも言える歌声が自然と絡み合い、聴く者の心と体を気持ちよく揺らしてくれる。音楽の背景にあるのはやはり、清水翔太に代表する日本のR&B、そして、サザンオールスターズから平井大につながる、海の風景が見えるJ-POPだ。叙情的なメロディと洋楽的なグルーヴをナチュラルに結びつけた歌からは、既に独自のスタイルを確立しつつあることが感じられる。