TOPWHAT's IN? tokyo 星野 源 初の生配信ライブで、アーティ...

星野 源 初の生配信ライブで、アーティストとしての本質をダイレクトに体現。リスナーと1対1で向き合った一夜

2020年7月12日、星野 源がソロデビュー10周年を記念した配信ライブ「Gen Hoshino’s 10th Anniversary Concert“Gratitude”」を渋谷CLUB QUATTROで開催した。

ちょうど10年前のこの日、1stアルバム『ばかのうた』のリリース・ライブを同じ会場で行った星野。この記念すべき日に行われた初の配信ライブで星野は、10年のキャリアを彩る名曲を次々と披露。革新的な音楽性の変化、そして、デビュー以来変わることがない、リスナーと1対1で向き合う姿勢を改めて示した。

ライブは19時30分にスタート。会場のロビー、レンガ風の壁が映され、カメラは星野の後ろ姿を捉える。渋谷CLUB QUATTROの楽屋を抜けバックステージからステージに移動した星野は、ギターを弾きながら、1曲目の「Pop Virus」の冒頭を一人で歌う。画面越しのオーディエンスに向かって、“刻む 一粒の永遠を”というフレーズが響くと同時に、カメラは(普段は観客が入っている)フロア全体を映し出す。そこには円を描くように置かれた機材とメンバーの姿が。長岡亮介(G, Cho /ペトロールズ)、ハマ・オカモト(B, Cho /OKAMOTO’S)、河村“カースケ”智康(Dr)、櫻田泰啓(Key, Cho)、石橋英子(Key, Flute, Cho)、STUTS(MPC, Tambourine)、武嶋 聡(Sax, Flute, Tambourine)が演奏に加わり、しなやかにして濃密なグルーヴが生まれる。さらに爆音ノイズとポップな音響が共存する「地獄でなぜ悪い」へ。「こんばんは、星野 源です!」と挨拶し、手拍子を誘うポーズをする星野は、満面の笑みだ。