TOPWHAT's IN? tokyo Rin音 ヒップホップ・シーンの枠に留...

Rin音 ヒップホップ・シーンの枠に留まらない、優れたポップスとしての魅力。リアルとファンタジーの境目を越えるような作風も大きな武器。

ブレイクのきっかけは、2020年2月にリリースされた後、TiKTokで瞬く間に拡散された「snow jam」。<Loadingで進まない毎日/上品が似合わないmy lady>というラインからはじまるミディアムチューン。ゆったりと波を作り出すようなトラック、お大事な人との心の交流、愛に満ちた日々を綴ったリリック、そして、心地よいグルーブ感と美しい叙情性を同時に感じさせるボーカルがひとつになったこの曲は、Spotifyのバイラルチャート――現在進行形のブレイク楽曲をいち早くキャッチできるチャートだ――で見事に1位を獲得。YouTubeのMV再生数も860万回(7/27日現在)を超えるなど、YOASOBIの「夜を駆ける」、瑛人の「香水」などと並び、今年前半の音楽シーンを象徴するヒットとなっている。

「snow jam」によって瞬く間に新世代音楽シーンのど真ん中に飛び出したRin音。彼が音楽に興味を持ったのは、YouTubeの動画で見たラップバトルだった。

その後、ラップバトルのムーブメントを作り出した『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日)、『BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権』(BSスカパー!)がスタートし、どっぷりラップの魅力にハマったRin音は、福岡で開催された「天神U20MC battle」に参加し、3度目の出場で優勝。当時はストロングスタイル(≒強面でケンカ腰のラップ)が主流で、日常の風景、そのなかで生まれる感情や近しい人々との交流を綴ったRin音の楽曲、そして、“歌”としての魅力を感じさせるフロウ/リリックは、それほど目立ったなかったという。しかし、ソングライティングの豊かさとボーカルの表現力によって徐々に存在感を強め、クラブ、ライブハウスを中心に活動を拡大。「snow jam」のヒットによって、全国的な注目度を得たというわけだ。誤解を恐れずに言えば、彼の音楽はもともと、ヒップホップ・シーンの枠に留まらない、優れたポップスとしての魅力を備えていたのだと思う。