TOPWHAT's IN? tokyo 第1話の世界観が第2話でぶち壊される!...

第1話の世界観が第2話でぶち壊される! TVアニメ『デカダンス』で描かれる“ディストピアの中のディストピア”で師弟コンビはどう生きる

2020年7月8日(水)より放送中のTVアニメ『デカダンス』。本作はアニメ『幼女戦記』などを手掛けているスタジオ・NUTによる完全新作オリジナルアニメで、監督を立川 譲(『劇場版名探偵コナン ゼロの執行人』『デス・パレード』など)、脚本・構成を瀬古浩司(『BANANA FISH』『ヴィンランド・サガ』など)が担当。初回放送の際には、独特の世界観やダイナミックな戦闘シーンが話題となった。……が、第1話エピローグから第2話にかけての展開に、筆者は当初考えていた世界観がぶち壊され、大きな衝撃を受けることに。本稿では、そんなアニメ『デカダンス』序盤の魅力をお届けする。



文 / 長田雄太


◆荒廃した世界と巨大要塞で繰り広げられる人類の壮大なサバイバル
舞台となるのは、突如現れた未知の生命体“ガドル”によってディストピアとなった世界。生き残った人類は巨大な移動要塞“デカダンス”を建造し、ガドルと戦う“ギア”、戦う力を持たない“タンカー”に分かれて暮らしている。そんな本作の主役は、タンカーでデカダンスの装甲修理を行っているカブラギと、彼のもとで仕事を行うことになったギアを夢見る少女・ナツメ。ふたりが生活するデカダンスは、その構造もさることながら、住んでいる人々の生活様式など、どれもオリジナリティに溢れていて知れば知るほど面白い。

▲寡黙で職人気質なカブラギと、そのもとで働くナツメ。ナツメは幼少期にガドルの襲撃に遭い、父親と右腕をなくしている。



▲ガドルは様々な種類が存在。人類にとっては憎むべき存在だが、その生態はユニークで、“オキソン”と呼ばれる血液はデカダンスの動力に、肉は食料になったりと、興味をそそられる生命体だ。



▲同じ人類だが、ギアは外見がカラフルで“かの力”という組織に所属し、ガドルを相手にデカダンスの防衛を行っている。なお、ごく一部のタンカーはガドルと戦う力を持ち、かの力にも所属している。



そして見どころと言えば、何と言っても人類とガドルの戦闘。ガドルは防衛本能で自身のまわりの重力を不安定にする磁場を発生させるのだが、人類側はそれを利用し、特殊なガジェットで空中戦を行い対抗する。アニメ『幼女戦記』を観たことがある人ならイメージしやすいと思うが、NUTが描く空中戦は臨場感抜群だ! 無重力下にいるような浮遊感と、空中を縦横無尽に飛びガドルに攻撃する様は、筆者を大いに興奮させてくれた。