TOPWHAT's IN? tokyo 映画『弱虫ペダル』で伊藤健太郎が改めて...

映画『弱虫ペダル』で伊藤健太郎が改めて感じた「自分でできる限りやること」の大切さ

がむしゃらにペダルを回す日々。激坂を何度も上り、両腿はパンパン。カットがかかると同時に倒れ込み、酸素を吸い込む。「こんなにキツいと思わなかった」と一瞬思ってしまうほど、過酷な撮影が続く──。

映画『弱虫ペダル』の自転車シーンは、ほとんどが役者たちによるものだという。取材のなかで何度も「キツかった」とボヤく伊藤健太郎は、どこか楽しげだ。仮編集した映像を見たばかりの彼からは、感動と興奮の余韻が伝わってくる。「(吹き替えを使わず)自分でできるかぎりのことはやりたい」をモットーとする伊藤は、『弱虫ペダル』で改めてその大切さを確信したようだ。

取材・文 / とみたまい 撮影 / 増永彩子


◆原作を実写化する際に“生身の人間が演じる”ことの意味を出したい。
弱虫ペダル 伊藤健太郎 WHAT's IN? tokyoインタビューーー 緊急事態宣言が解除されて撮影が再開され、先日無事にクランクアップされた(※取材は6月下旬)とのことですが、いまのお気持ちは?

約2か月ぶりの撮影で、「よし、エンジンがかかってきた!」と思ったら終わってしまったので……いままでに感じたことがない不思議な感覚でした。でも、本当に過酷な撮影だったので、撮りきれたことはすごく嬉しかったです。2か月空いていた間に編集も進んでいて、アフレコのときに仮編集されたものを見せていただきましたが、あれだけキツい撮影だったけど、やれてよかったなと実感しました。