TOPWHAT's IN? tokyo 谷水 力の最も楽しい瞬間とは? 舞台「...

谷水 力の最も楽しい瞬間とは? 舞台「真夜中のオカルト公務員」で味わいたい、観客との“魂”の交歓

2019年にテレビアニメ化された、たもつ葉子の大ヒット漫画「真夜中のオカルト公務員」が舞台となって10月29日(木)から11月7日(土)まで新宿FACEにて上演される。
新宿区役所の「夜間地域交流課」に就職した宮古 新(みやこ あらた)が、元イギリス人のオカルトオタク・姫塚セオ(ひめづか せお)と、元ホストの業務リーダー榊 京一(さかき きょういち)というふたりの先輩に影響され、夜の街で未知なる存在「アナザー」と出会い、様々な冒険をする物語。舞台版では脚本を、“おもしろ切ない”をコンセプトに2002年に結成された演劇集団「Bobjack Theater」の守山カオリ、演出を同じく「Bobjack Theater」の扇田 賢が務める。
そこで、宮古 新を演じる主演の谷水 力にインタビュー。本作に挑む心境から、舞台に懸ける想いまで語ってもらった。