TOPWHAT's IN? tokyo 東山義久がラップに初挑戦。同志である演...

東山義久がラップに初挑戦。同志である演出の植木 豪と共に『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage -track.3- で残す爪痕

『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage -track.3-(以下、ヒプステ)が、10月2日(金)に東京・TOKYO DOME CITY HALLにて開幕する。
音楽原作キャラクターラッププロジェクト『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』の舞台化第3弾は、荒牧慶彦、里中将道、東山義久、廣野凌大、加藤大悟、青柳塁斗らが出演し、ラップバトルで会場を盛り上げる。
「ダンスが好きだからこそ、ダンス以外の表現を学ぶダンサーがいてもいいと思うんです」──そう話すのは、本作で「オオサカ・ディビジョン“どついたれ本舗”」の天谷奴 零(あまやど・れい)を演じる東山義久だ。東山は、エンターテインメントグループ「DIAMOND☆DOGS」のリーダーを務めているほか、ミュージカル、ストレートプレイと様々な場で表現を追求し続けている。今回は、稽古を間近に控えた東山に、現在の心境やこれまでの軌跡、そして、「10年来の親友だ」という演出家・植木 豪との関係性についても伺った。