TOPWHAT's IN? tokyo 柳楽優弥、30歳。話題を呼んだ『誰も知...

柳楽優弥、30歳。話題を呼んだ『誰も知らない』からこれまでを振り返る。そして、これから…。

是枝裕和監督の映画『誰も知らない』(2004)で、第57回カンヌ国際映画祭にて史上最年少かつ、日本人初となる最優秀主演男優賞を受賞してから今年で15年。2020年3月26日に満30歳を迎えた俳優の柳楽優弥がアニバーサリーブック『やぎら本』を9月20日(日)に発売する。出身地である東京都東大和市、語学留学のために滞在していたニューヨーク、プライベートで度々訪れるという台湾での撮り下ろしカットに加えて、自身の半生を振り返ったロングインタビューや、是枝監督、カンヌ国際映画祭の審査員を務めていたクエンティン・タランティーノ監督との対談のほか、ドラマ共演をきっかけに親交のある松坂桃李、岡田将生との鼎談など貴重なインタビューも収録。自身初となるパーソナルブックには彼のどんな姿や思いが詰め込まれているのか。30歳を迎えた誕生日当日にインタビューをお願いした。

取材・文 / 永堀アツオ 撮影 / 増永彩子


◆焦りがあった20歳。30歳を迎え、強くなった「俳優としてレベルアップしたい」という思い。
ーー まず、本日、30歳の誕生日を迎えた心境から聞かせてください。

やっぱり新しいスタート地点に立った感じですかね。俳優としてレベルアップしたいという思いが強くなったというか、もっといい俳優になれるように帯を締め直そうっていう感覚がありますね。