TOPWHAT's IN? tokyo 和楽器バンド 『TOKYO SINGI...

和楽器バンド 『TOKYO SINGING』で描く勇気と未来。パワフルなニューアルバムの聴きどころを鈴華ゆう子、町屋、山葵の3人に訊く。

8月に横浜アリーナで有観客ライブ『和楽器バンド真夏の大新年会2020 横浜アリーナ 〜天球の架け橋〜』を開催し、新型コロナウイルスによるクラスターの発生も感染も無くライブを成功させた和楽器バンドが、ユニバーサルミュージックに移籍後初となるアルバム『TOKYO SINGING』をリリース。収録曲の大半は自粛期間中に作られたことから、日本人の心を鼓舞するような熱さや、不安や悲しみを拭い去ってくれるような清々しさも含まれた作品になった。また、東京という街をテーマに、日本人の心やパワーを世界に知らしめるような曲も収録。リーダーでボーカルの鈴華ゆう子、バンドのサウンドプロデュースを手がけるギター&ボーカルの町屋、そして多くのファンに勇気を与えた楽曲「Singin’ for…」の作詞作曲を担当したドラムの山葵に、アルバム制作における思いと、今後のライブへの考えを聞いた。

取材・文 / 榑林史章 撮影 / 荻原大志


◆「和楽器バンドらしさとは?」「今回のアルバムに足りないものは何か?」ということに向き合えました(鈴華)
和楽器バンド 鈴華ゆう子 WHAT's IN? tokyoインタビューーー アルバム『TOKYO SINGING』は、制作期間が外出自粛期間と重なるなどイレギュラーなことも多々あって、その影響も多分に含んだものになりました。どういう流れでの制作だったんでしょうか。

【 町屋 】 まずテーマとして、東京から国内外に向けて発信するメッセージというのが決まっていて、それで60曲くらいあるデモから曲を選ぼうとしていたんです。それが、コロナ禍になったことによってレコーディングのスケジュールが延びて、必然的に時間ができたので、じゃあ追加で曲を作ってそれも含めて選曲しましょう、と。そういう経緯もあって、おのずと歌詞のメッセージの内容が、現状に合ったものが多くなりました。

【 鈴華ゆう子 】 大半は自粛期間中に出来た曲です。「和楽器バンドらしさとは?」「今回のアルバムに足りないものは何か?」ということに向き合えました。