TOPWHAT's IN? tokyo 矢崎 広が俳優としてのさらなる進化を遂...

矢崎 広が俳優としてのさらなる進化を遂げる、野田秀樹&シルヴィウ・プルカレーテのタッグで魅せる『真夏の夜の夢』開幕

東京芸術劇場30周年を記念し、10月15日(木)より東京芸術劇場 プレイハウスにて上演される舞台『真夏の夜の夢』。(その後、新潟、松本、兵庫、札幌、宮城での公演が予定されている)。
シェイクスピアの代表作『夏の夜の夢』を、1992年に野田秀樹による潤色・演出で「野田秀樹の真夏の夜の夢」と題して初演され、大きな話題となった演目。今回は、これまで野田と長年にわたり親交を深めてきたルーマニアを代表する演出家・シルヴィウ・プルカレーテが新たに演出を手がける。
本作で、シェイクスピア原作では“ライサンダー”にあたる青年のライを演じる矢崎 広に、野田やプルカレーテの印象、本作に向けた意気込み、見どころなどを聞いた。