TOPWHAT's IN? tokyo 名作揃いの『スーパーマリオ 3Dコレク...

名作揃いの『スーパーマリオ 3Dコレクション』レビュー! Nintendo Switchで歴代の3Dマリオの3作がよみがえる!

『スーパーマリオブラザーズ』35周年を記念して、任天堂は2020年9月18日にNintendo Switch向けソフト『スーパーマリオ 3Dコレクション』をリリースした。『スーパーマリオ64』、『スーパーマリオサンシャイン』、『スーパーマリオギャラクシー』と、違うハードで発売された3つのタイトルが1パッケージに収録されている。グラフィックのHD化に加え、Nintendo Switchで遊びやすいようタイトルごとに少しずつリニューアル。筆者は数々の『マリオ』シリーズをプレイしており、もちろんこの3本もリアルタイムで遊んできたのだが、時代の流れによって進化し続けててきたマリオを、改めてこの目で確認していきたい。



文 / mktn


◆2Dから3Dへ!
マリオ史に名を残す大傑作『スーパーマリオ64』
1996年6月23日、NINTENDO 64のロンチタイトルとして登場したのが、『スーパーマリオ64』(以下『マリオ64』)だ。3D空間のマップを自由自在に動き回ることができ、今までの2Dシリーズと比べてアクション要素やコース数の多さなどボリュームが大幅アップ。『スーパーマリオ』初の3Dアクションゲームとして、いきなり完成度が高い作品となっている。

このゲームでの舞台となるのはキノコ城。クッパによって絵の世界に閉じ込められたピーチ姫やキノピオたちを救うため、城内にある絵画や鏡、中庭などのコース内に隠されているパワースターを集めながらマリオは冒険へと旅立つ。