TOPWHAT's IN? tokyo ついに公開『劇場版「鬼滅の刃」無限列車...

ついに公開『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』 炭治郎役・花江夏樹は、期待の一作にいかなる志で臨んだのか?

2019年放送のTVアニメを機に老若男女からもいっそう注目されるようになり、原作の完結後も、世代を超えて強い支持を集めている「鬼滅の刃」。そのTVアニメ最終話からつながる続編を描いた『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』がいよいよ10月16日(金)より全国公開される。アニメーション制作はTVアニメに続きufotableが手掛ける。

短期間のうちに40名以上の行方不明者を出しているという“無限列車”の調査を任された竈門炭治郎(かまど・たんじろう)たちは、鬼殺隊最強の剣士である《柱》のひとり、“炎柱(えんばしら)”の煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)と合流し、下弦の壱・魘夢(えんむ)と対峙することに……。

「無限列車編」は、「鬼滅の刃」という作品全体にとっても、炭治郎自身にとっても、大きな支柱となるエピソードの一つだ。闇を往く《無限列車》での壮絶なアクションシーン、新たな鬼の恐ろしい能力、そして炎柱・煉獄との熱い物語など、見どころを挙げればきりがない。そんなTVアニメ以上の壮絶な戦いを、炭治郎役の花江夏樹はどう演じきったのだろうか。そして「子どもたちにとって、幸せを感じるきっかけになってくれたらいい」という「無限列車編」への思いとは――?