TOPWHAT's IN? tokyo SixTONES まるで青春ドキュメン...

SixTONES まるで青春ドキュメントを見ているような爽やかな感動をもたらしてくれるライブステージを収めた初の単独映像作品。

2020年1月22日にYOSHIKIプロデュース「Imitation Rain」でCDデビューを果たした6人組のグループ、SixTONES(ストーンズ)が初の単独ライブDVD&Blu-ray『TrackONE -IMPACT-(トーンインパクト)』をリリースした。本作に収録されたのは、2020年1月4日から7日にわたり7公演が行われた横浜アリーナ公演のファイナルである7日の夜公演。次なるツアーの地、マリンメッセ福岡公演は1月26日だったため、これがデビュー直前、つまり“ジャニーズJr.”として最後のステージとなっていた。

念のために少しだけ補足しておくと、ジャニーズ事務所においては、どんなにキャリアを積み、単独公演を開催するほどの人気と実力があったとしても、CDデビューするまでは“ジャニーズJr.”所属のグループやタレントという認識となる。SixTONESは2015年5月に結成したため、グループとしての“ジャニーズJr.”での活動歴は5年になる。しかし、この日のMCでジェシーが、「一度バラバラになって集まった6人」と語っていたように、2012年にはドラマ『私立バカレア高校』に出演した6人として「バカレア組」として活動していた。また、個人としては、森本慎太郎(23)とジェシー(24)、京本大我(25)が2006年、田中 樹(25)が2008年、松村北斗(25)と髙地優吾(26)が2009年2月に入所し、様々な先輩たちのバックダンサーを務めており、全員が10年以上の下積みを経て、念願だったCDデビューを掴んだグループということになる。だからこそ、デビュー直前に開催されたこの日のライブは、コロナの影響で3都市12公演となったツアーの1公演以上の尊さがあった。彼らがこれまで歩んできた道のりの険しさを振り返りつつ、未来への希望や仲間への厚い信頼も感じる、まるで青春ドキュメントを見ているような爽やかな感動をもたらしてくれた。

オープニングでは地上15メートル!の高さに設置された巨大なゴンドラに乗ってド派手に登場した。メタリックなハードロックナンバー「Rollin’」ではメンバー6人でゴンドラを回転させ、和の要素をフィーチャーしたEDM「JAPONICA STYLE」では炎と桜吹雪が舞った。続く「“Laugh”In the LIFE」では早くも場内を周回して観客を楽しませ、「RAM-PAM-PAM」では一転してハードにセクシーにパフォーマンス。“ジャニーズJr.”時代のオリジナル曲を4曲続けたあと、デビューシングルのカップリング「NEW WORLD」へ。6人は客席に背中を向けて、右手を高々と掲げた。そして、カウントに合わせて、指を1つずつ折りたたんで行き、親指だけを残して“6”という合図を送った。仲間との絆を歌うジェシーのシャウト、アップブートながらも切ない田中のラップからは、この6人で新しい世界を見たいんだという熱い思いが伝わってきた。