TOPWHAT's IN? tokyo もし義経が女の子だったら!? 戦いの中...

もし義経が女の子だったら!? 戦いの中で育まれる愛に悶える『ビルシャナ戦姫 ~源平飛花夢想~』レビュー

オトメイトから9月17日に発売された『ビルシャナ戦姫 ~源平飛花夢想~』は「義経が女だったら」がテーマの新作乙女ゲームです。歴史上の人物で女性説があるのは上杉謙信が有名ですが、義経は女性説がないにも関わらず「もし女だったら」のifストーリーが数多く存在します。本作はそのうちの一つですが、単に義経を女性にしただけでなく本作ならではのアレンジが加えられ、歴史もののゲームとして見ても乙女ゲームとして見ても楽しめます。本稿では歴史ファンタジーならではのifをラブロマンスで彩った本作についてレビューしていきます。



文 / みかめゆきよみ


◆「刺さる」属性が揃った殿方たち
ビルシャナ戦姫 ~源平飛花夢想~ WHAT's IN? tokyoレビュー▲本作の主人公である義経(遮那王)。凛とした表情は男女問わず惹きつけられる魅力を備えています



そもそもなぜ義経は創作ファンタジーの中で女性になることが多いのでしょうか? その理由は彼が持つ主人公としての魅力、とりわけ「主従関係」がポイントではないかと思うのです。義経は鞍馬山に預けられ稚児として育てられました。武士としての教育を施されたわけではありませんし、頼朝のように絶対的な権限を持っているわけでもありません。それでも義経には多くの従者がいます。彼らは義経のカリスマ性に惹きつけられ、命を預け、彼に殉じていくのです。ブロマンスとして見ても十分に魅力的ですが、もし義経が女の子だったらと考えると……もっと美味しいではないですか!!