TOPWHAT's IN? tokyo 欅坂46 「THE LAST LIVE...

欅坂46 「THE LAST LIVE」レポート。これは、終わりではなく、はじまり。

2015年8月に乃木坂46の妹分として結成され、2016年4月の1stシングル「サイレントマジョリティー」で鮮烈なデビューを飾った欅坂46が、2020年10月13日(火)に無観客の代々木第一体育館にて、“欅坂”としてのラストライブを行った。

5年間の活動にピリオドを打つ最後のライブというと、“メンバー大号泣”という絵を想像しがちだが、実際はそうではなかったように感じた。新しいグループ名となって生まれ変わることを発表した7月のオンラインライブ「KEYAKIZAKA46 Live Online, but with YOU !」の方が不安や葛藤、恐れや不満など、割り切れない思いが混在した複雑な心境でいたと思う。改名発表から3ヵ月後の本公演は、過去に引きずられるよりも、未来に目を向けているメンバーの方が多かったのではないか。もしくは、「エキセントリック」や「不協和音」、「大人は信じてくれない」や「黒い羊」といった純粋さ故の痛々しい心が激情といった形で放出される、“欅坂”らしい楽曲をパフォーマンスした前日(10月12日)の公演で振り切れたのかもしれない。すべては想像でしかないが、実に楽しそうに見えた。思い切りパフォーマンスすること自体に集中し、喜びを感じているように見えたのだ。もちろん、涙を流しているメンバーもいたが、後悔や悲しみを振り切って、前に進んでいくんだという強さが伝わってくるライブだった。

櫻坂46 WHAT's IN? tokyoレポート櫻坂46 WHAT's IN? tokyoレポート櫻坂46 WHAT's IN? tokyoレポート櫻坂46 WHAT's IN? tokyoレポート21人のメンバーは、ツタが絡まった豪奢な鉄門を開けてフロアの後方から登場し、メインステージへと真っ直ぐに歩みを進めた。小林由依がのっけから「ラストー! ブチ上がれー!!」と画面越しの観客を鼓舞。<渋谷で生まれ変われ!>と歌うタオル回し曲「危なっかしい計画」を笑顔で賑やかに歌い、踊り、騒ぎ、2期生のムードメイカー、松田里奈の音頭に合わせて、全員で「欅坂46が大好き!」と声をあげた。「手を繋いで帰ろうか」では、キャプテンの菅井友香と副キャプテンの守屋 茜がフロアの床に線が引かれた抽象的な街のセットをカートなどを使って縦横無尽に走り回り、喧嘩と追いかけっこをチャーミングに演じた。グループからの卒業を発表している佐藤詩織の目には涙が浮かんでいたが、この2曲から伝わってきたのは、笑顔と楽しさだった。

一期生と二期生がペアを組んだ「二人セゾン」ではセンターを務めた小池美波がしなやかで力強いソロダンスを披露。ドキュメント映画を通して、彼女がこの曲を一人で踊ることに不安を感じていたことを知っていたこともあってか、どこか肝が据わった表情に見えた。チャット欄でも彼女の変化に触れる方が多かったが、彼女は再出発という転機をプラスに変えられる人だと確信した瞬間でもあった。菅井が「ひらがなけやきのメンバーと一緒に歌い始めた曲です。二期生、新二期生も加えて、みんなで届けたいと思います」と涙を浮かべ語った「太陽は見上げる人を選ばない」では、田村保乃の涙も映し出されるなか、新二期生の6名が大きな円に加わり、総勢27名で坂道マークを作った。