TOPWHAT's IN? tokyo LiSA THE FIRST TAKE...

LiSA THE FIRST TAKEでの新作「炎」の圧巻の歌唱。そして3年5ヵ月ぶりのアルバム『LEO-NiNE』。彼女自身の格闘のなかで得てきたスキルと覚悟に支えられ作品と歌声はさらに進化し、深化していく。

ニューシングル「炎」(映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』主題歌)、そして、大ヒット曲「紅蓮華」(TVアニメ『鬼滅の刃』)を含むニューアルバム『LEO-NiNE』を10月14日(水)に同時リリースしたLiSA。この2作について彼女は、「炎のように。ライオンのように。強く、たくましく、優しく、自分らしく、未来を最高だと信じながら、どこまでも進んで行けますように」という確信に溢れたコメントを寄せている。2020年の日本のエンターテインメントにおいて、この2作がもっとも注目すべき作品であることは間違いないだろう。

まずは「紅蓮華」のヒットをきっかけにした、LiSAの躍進ぶりを紹介したい。

2019年4月に先行配信された「紅蓮華」は、オリコン週間デジタルランキングで2週連続1位を獲得(5月6日付/13日付)したのをはじめ、数々のデイリーチャートを席巻、配信デイリーチャートにて、38冠を達成。その後もロングセールスを続け、「第70回NHK紅白歌合戦」に初出場を果たした。今年6月には100万DLを突破するなど、名実ともにLiSAの代表曲となっている。

10月16日(金)から公開された『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌「炎」もリリース直後から驚異的なチャートアクションを記録。作曲はTVシリーズのエンディングテーマ「from the edge」も手掛けた梶浦由記、作詞は梶浦とLiSAが共作したこの曲は、エモーショナルなロックバラード。ドラマティックな映画のストーリーとリンクした歌詞、濃密な感情表現をたたえたボーカルなど、圧倒的なクオリティを実現した名曲だ。「炎」は10月12日に配信が開始され、各音楽配信サイトのデーリーチャートで1位を獲得。55冠を達成し、「紅蓮華」を上回るスタートを切った。10月13日にはMVがYouTubeで公開。夜明けから日の出までの時間の中で撮影され、幻想的な浜辺で披露されるパフォーマンスは既に強烈な注目を集めている。