TOPWHAT's IN? tokyo 東出昌大が200万年の悠久の時を生きる...

東出昌大が200万年の悠久の時を生きる人類を愚直に演じる。壮大でチャレンジングな舞台「人類史」、まもなく開演!

神奈川芸術劇場の芸術監督・白井 晃が次代を担う才能として信頼を寄せる、今、最も熱い演劇人のひとりである谷 賢一。劇団「DULL-COLORED POP」の主宰であり、『福島三部作』で岸田國士戯曲賞・鶴屋南北戯曲賞をダブル受賞した彼が今作で表現するのは、“人類200万年の歴史”=「人類史」だ。
10月23日(金)から11月3日(火)までKAAT神奈川芸術劇場 ホールにて上演される本作は、音楽にロックバンド・ドレスコーズの志磨遼平、振付に森山未來とのコラボレーションで話題をさらったエラ・ホチルドを迎え、言葉、ダンス、音楽が混然一体となった演劇ならではのアプローチで“人類史”を描く。物語の中心となる若い男・若い女・老人を演じる3人は、東出昌大、昆 夏美、山路和弘と凄腕の俳優が揃い、それ以外にもオーディションを勝ち抜いた俳優・ダンサーたち、総勢19人が谷 賢一の世界に挑む。
そこで、東出昌大にインタビューを敢行。今作に携わることの熱意や自身の役者観などが感じられる魂のこもった話を聞けた。