TOPWHAT's IN? tokyo 浅香航大、映画『とんかつDJアゲ太郎』...

浅香航大、映画『とんかつDJアゲ太郎』で共演した北村匠海との共通点を明かす。「だから肌が感じが合ったのかもしれない」

映画『とんかつDJアゲ太郎』がついに10月30日の“フライ”デーに公開される。渋谷にある老舗とんかつ屋の三代目でDJを目指すアゲ太郎の恋と青春をコミカルに描いた音楽映画で、主演の北村匠海が扮するアゲ太郎には旅館、書店、電気屋、薬局とそれぞれが三代目の地元っ子である“道玄坂三代目ブラザーズ”という仲間がいる。アゲ太郎のDJ修行を手伝い、恋を応援し、リアルな渋谷の街を縦横無尽に走り回り、ダンスやラップまで披露した“道玄坂三代目ブラザーズ”から「東横ネオン電飾」の三代目、夏目球児を演じた浅香航大に「素か撮影かわからなかった」という撮影の裏話を聞いた。

取材・文 / 永堀アツオ 撮影 / 増永彩子


◆コメディだけど、「アゲ太郎を含めた“道玄坂三代目ブラザーズ”の絆だなって思った」
とんかつDJアゲ太郎 浅香航大 WHAT's IN? tokyoインタビューーー 最初にオファーを受けた時の率直な心境から聞かせてください。

原作を知らなかったので、企画書をもらった時に、「なんだこれは? 大丈夫か?」って一瞬思いましたけど(笑)、そのあと原作も読んで、シュールな作風で面白いなと思いましたし、コメディ要素の強い映画はあまり経験がなかったので、楽しそうだなと。あと、音楽が好きなので、どういう風な撮影をしていくのか、どんな作品になるのかなって興味がありました。撮影中から仕上がりまで、音楽と触れる機会がたくさんあるのは楽しみでした。

ーー 浅香さんは普段はどんな音楽を好んで聴いてるんですか。