TOPWHAT's IN? tokyo 名古屋ギター女子部 国内にとどまらずア...

名古屋ギター女子部 国内にとどまらずアジア圏にもファン拡大中の、アコギ4人+キーボード1人。その独自のスタイル、音楽に対する熱い思いと緻密な戦略を訊く

チャンネル登録者数13万人以上、動画総再生回数1,700万回超え、ファンは国内にとどまらず中国やアジア圏にもおよぶ、注目の音楽系YouTuber=名古屋ギター女子部が、メジャーデビューアルバム『Re:POP』をリリース。アコギ4人+キーボード1人という独特な編成で、LiSA、米津玄師、King Gnu、Official髭男dismなどのヒット曲を、オリジナリティ溢れるアコースティックアレンジと美しいハーモニーで聴かせ、ネットで話題を集めている彼女たち。2017年の結成以前には、それぞれソロでシンガーソングライターとして活動した経緯があるほか、結成後は路上でCDを1,000枚手売りした経験や、動画制作にはさまざまな苦労があったと話す。実はここにくるまでには、泥くさい経験や熱い思い、そして緻密な戦略もあった。

取材・文 / 榑林史章


◆私たちのアイデンティティは、そこにあるんじゃないかということで、アコギ4本と鍵盤でやろうと(伊藤)
ーー ピアノ1人にギター4人という編成で「何で?」って聞かれませんか?

【 CHISA 】 毎回聞かれます(笑)。もともと個々にシンガーソングライターをやっていた時代から仲の良かった5人が集まったら、たまたまピアノ1人、ギター4人だったんです。

【 伊藤汐梨 】 最初はどうやって演奏したら良いのかもわからなかったんですけど、4人がアコギだからこそ面白いんじゃないかと。名古屋ギター女子部らしさ、私たちのアイデンティティは、そこにあるんじゃないかということで、アコギ4本と鍵盤でやろうと。