TOPWHAT's IN? tokyo 植田圭輔が人間を真摯に“生きる”。一度...

植田圭輔が人間を真摯に“生きる”。一度きりの人生、自分に向けた「ありがとう」。演劇配信プロジェクト「ひとりしばい」第8弾

講談社とOffice ENDLESSによる共同プロジェクトの配信舞台「ひとりしばい」も第8弾を迎え、百戦錬磨の俳優・植田圭輔が登場。作・演出には、糸川耀士郎出演の第5弾「LA・LA・LA・LIBRARY」も手がけている松崎史也が指名された。
これまでに、荒牧慶彦、小澤 廉、北村 諒ら若手俳優がそれぞれ希望の演出家とタッグを組んで一人芝居に挑み、役者としての新境地を披露。コメディからシリアスまで幅の広い演技で、新たな演劇ファンを獲得してきた。
今回、圧倒的なキャリアと実力をもった植田が、松崎とどんな光景を見せてくれるのか。そして、タイトルの「50%」が意味するものとは──。その模様をレポートしよう。