TOPWHAT's IN? tokyo YouTubeで気軽に見られる超リアル...

YouTubeで気軽に見られる超リアルロボットアニメ。『OBSOLETE』最新エピソードで激安ロボットの驚くべき性能が明らかに

シナリオライター・虚淵 玄(ニトロプラス)が原案・シリーズ構成を務め、気鋭のCGアニメーションスタジオ・武右ェ門が制作をてがける、YouTube Originalsのオリジナルのロボットアニメ『OBSOLETE(オブソリート)』。2014年以降の地球をベースに、宇宙人によってもたらされたロボット“エグゾフレーム”が世界を変えていく様が、毎回異なる場所、人物の視点から描かれている本作は、リアルを追求した設定やフルCGのアニメーション、各話約13分という手軽さなどが特徴的で、海外でも大きな話題に。2019年12月よりEP1~EP6がYouTubeのみで無料配信され、現在に至るまで全世界総再生回数3,000万回を突破している。

そんな注目作の最新エピソード(EP7~EP12)が、2020年12月より順次配信中。本稿ではEP7からの内容を中心に、作品の魅力を紹介していく。なお、「WHAT‘s IN? tokyo」ではEP6までの内容について取り上げた記事も掲載中なので、こちらもぜひチェックしてほしい。



文 / 長田雄太


◆世界で暗躍する部隊の黒幕は……
地球にありふれている石灰岩たった1,000kgで手に入るロボット。EP1~EP6では、そんな圧倒的廉価性を誇るエグゾフレームを積極的に運用する後進国が、利益を生まないからと利用に制限をかけた先進国に対して有利な戦局に立つなど、戦場を一変させた様子が描かれていた。石灰岩で買える兵器が、何百万ドルもの兵器を鉄くずにする場面の衝撃は、何度見返しても強烈だ。