TOPWHAT's IN? tokyo 7ORDERがここから踏み出す新たな一...

7ORDERがここから踏み出す新たな一歩。待望の1stアルバム『ONE』は、今の彼らの魅力がギュッと詰め込まれたベスト盤的な一枚

音楽活動のみならず、メンバー7人それぞれが俳優、アーティスト、ファッション、アートなど、多岐にわたって活動する、7ORDER。
2019年5月のproject本格始動後は、7人揃っての舞台『7ORDER』シリーズをはじめ、ソロ活動でも、安井謙太郎が映画・舞台『死神遣いの事件帖』に出演。真田佑馬は舞台版『PSYCHO-PASS サイコパス Chapter1―犯罪係数―』で人気キャラクター・宜野座伸元を演じ、 諸星翔希は宇宙飛行士・毛利 衛原作のサイエンス・ファンタジー小説を舞台化した『モマの火星探検記』に出演。 森田美勇人は自身の主演舞台「RADICAL PARTY –7ORDER–」で衣裳のスタイリングやグッズデザインにも挑戦。 萩谷慧悟は⻄野亮廣原作『えんとつ町のプペル』THE STAGEでゴミ人間・プペル役を務めた。阿部顕嵐は音楽原作キャラクターラッププロジェクト『ヒプノシスマイク』の舞台化、『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stageでヨコハマ・ディビジョン“MAD TRIGGER CREW”のリーダー・碧棺左馬刻役の熱演が話題となり、⻑妻怜央は舞台「DECADANCE」〜太陽の子〜で重要な役を演じるなど、個々の活躍も目覚ましい注目のエンターテインメントグループだ。
今回、満を持して1月13日(水)にリリースされる1stアルバム『ONE』の話を中心に、レコーディング時のエピソードやMV撮影の裏話、同日発売のLIVE DVD/Blu-ray『UNORDER』について、そして初のワンマンライブツアー7ORDER LIVE TOUR 2021 “WE ARE ONE”への意気込みまで、たっぷり語ってもらった。