TOPWHAT's IN? tokyo 水中撮影9時間! 藤原竜也&竹内涼真、...

水中撮影9時間! 藤原竜也&竹内涼真、体力の限界で挑んだ映画『太陽は動かない』撮影現場レポート

『怒り』『悪人』などで知られるベストセラー小説家・吉田修一のサスペンス巨編『AN通信エージェント・鷹野一彦』シリーズを実写化した映画『太陽は動かない』が3月5日(金)に公開される。

表向きは小さなニュース配信会社を装った秘密組織「AN通信」。所属するエージェントたちは24時間ごとに本部への定期連絡を義務付けられており、連絡しなかった、あるいは出来なかった場合でも、組織を裏切ったとみなされ、心臓に埋め込まれたチップの起動装置が発動、解除申請ができなければ5分で爆死するという緊迫した状況に置かれながら任務を遂行する。今回、AN通信のトップエージェント・鷹野(藤原竜也)とその相棒の若手エージェント・田岡(竹内涼真)に課せられたミッションは「人類の未来を決める次世代エネルギー」の極秘情報を手に入れること。権力者の誰もが欲しがる極秘情報をめぐり、世界各国のエージェントたちと命がけの頭脳戦が繰り広げられる。

2020年5月に公開される予定だったが、コロナ禍で公開延期を余儀なくされた本作の撮影が行われたのは、2019年の夏。東京・練馬にある東映東京撮影所のスタジオ内に、180トンもの水を使用し、原作スケールに合わせた巨大セットを再現。海水が入り込んでくるコンテナ船の貨物倉庫で敵に捕らえられた田岡(竹内)を鷹野(藤原)が助けようとする本編終盤のシーンの撮影が進められていた。