TOPWHAT's IN? tokyo 加藤和樹&矢田悠祐らが届ける2021年...

加藤和樹&矢田悠祐らが届ける2021年最高に楽しいエンターテインメント。ブロードウェイ・オリジナルミュージカル『BARNUM/バーナム』まもなく上演

19世紀半ばのアメリカで大きな成功を収め、博物館を経営し、サーカスを上演するために奮闘した興行師のP.T.バーナム。そんな彼の半生を描いたブロードウェイ・オリジナルミュージカル『BARNUM/バーナム』が、3月6日(土)より東京芸術劇場 プレイハウスを皮切りに上演、その後、兵庫、神奈川を巡演する。
本作はブロードウェイで大ヒットを記録し、ロンドンでも公演された人気作で、今回が日本初上演となる。日本版の演出を務めるのは、『アルジャーノンに花束を』、『ドリアン・グレイの肖像』など傑作を手がけた荻田浩一。そして、主人公のフィニアス・テイラー・バーナム役には、音楽・ドラマ・映画・舞台と多方面で活躍する加藤和樹。その妻でヒロインのチャイリー・バーナム役を、元宝塚歌劇団宙組トップスターの朝夏まなとが演じる。ほかにも、矢田悠祐、フランク莉奈と綿引さやか、原 嘉孝(ジャニーズJr.)と内海啓貴、藤岡正明、中尾ミエなどのキャスト陣が、サーカスのゴージャスな世界を彩る。
そこで、バーナム役の加藤和樹とトム・サムなどを務める矢田悠祐にインタビュー。共にミュージカル界を牽引するふたりの豪華な対談となった。