TOPWHAT's IN? tokyo 鈴木拡樹が叫び、椎名鯛造が跳ぶ! ヘイ...

鈴木拡樹が叫び、椎名鯛造が跳ぶ! ヘイゼル編最終章、『最遊記歌劇伝-Sunrise-』が絶賛公演中!!

峰倉かずや原作の大人気コミック『最遊記』『最遊記RELOAD』を原作とするミュージカルシリーズ、通算9作目となる最新作『最遊記歌劇伝-Sunrise-』が現在上演中だ。
人間と妖怪、科学と妖術が共存する無秩序な世界“桃源郷”を舞台に、西域・天竺国に向かって旅をする三蔵一行と、旅の途中で出会う謎の司教・ヘイゼル=グロースと従者ガト。そして、彼らの前に姿を現す烏哭(うこく)三蔵法師。
2019年6月上演の「-Darkness-」と2020年2月上演の「-Oasis-」に続く“ヘイゼル編”最終章となる本作は、2008年9月のシリーズ1作目「-Go to the West-」上演時からの出演キャストである鈴木拡樹、椎名鯛造、唐橋 充らが“ひとつの通過点”として目標に掲げていた作品。昨年末に行ったインタビューで鈴木が「(約13年と)時間はかかったけれど、三蔵一行の旅がようやく“ここ”まで来られたことを嬉しく思います」と語っていたように、キャスト&スタッフ待望の公演であったことは想像に難くない。