TOPWHAT's IN? tokyo 大原櫻子 5枚目のアルバム『l(エル)...

大原櫻子 5枚目のアルバム『l(エル)』。自身の作詞、作詞・作曲作品を含め、能動的制作に向かったという1枚。タイトルへの想い、4月から始まるツアーへの抱負を訊く。

大原櫻子にとって2020年とはどんな年だったのか。2月に4枚目のアルバム『Passion』をリリースしたが、5〜6月に上演予定だったミュージカル『ミス・サイゴン』は全公演が中止となり、7〜9月の全国ツアーも中止を余儀なくされた。だが、彼女は、幼少期から夢に見ていた舞台やライブが奪われてもなお、立ち止まって茫然自失にならずに、「こんなときだからこそ、エンターテインメントを届けたい」という強い気持ちを持って歩みを進め、9月には一青窈が作詞した12枚目のシングル「#やっぱもっと」を発表し、11月には長屋晴子(緑黄色社会)が書き下ろした「透ケルトン」を配信でリリースした。同曲を含む5枚目のアルバム『l(エル)』には、しっかりと地に足をつけて、真っ直ぐに前を見据える彼女がいる。その姿は凛として、以前に比べて潔く強い。シンガーして、アーティストとして、ブレイクスルーを果たした1枚となっている。

取材・文 / 永堀アツオ 撮影 / 荻原大志


◆自分が能動的になってるときにアルバムの制作が始まったんです
ーー アルバムの制作に入る前の心境というところからお伺いしたいと思います。

去年の4月におうち時間があったときに、それまではビクターの方が制作期間を決めてくれていたんですけど、いてもたってもいられなくなってしまって。私の方から「ちょっと(Ryosuke “Dr.R”)Sakaiさんと曲を作っていいですか? って言って(笑)、曲を作り初めて。それが、シングル「#やっぱもっと」のカップリングに入れた「Wake Up」だったんですけど、自分が能動的になってるときにアルバムの制作が始まったんですね。去年の夏くらいかな。