TOPYATTAR JAPANジブリ×竹谷隆之×海洋堂が『ナウシカ』の...

ジブリ×竹谷隆之×海洋堂が『ナウシカ』の蟲を可動フィギュアに

風の谷のナウシカ、蟲タケヤ式自在置物「蛇螻蛄 鉄錆地調」。造形総指揮を竹谷隆之・山口隆、原型制作を福元徳宝が担当。

「風の谷のナウシカ」といえば、宮崎駿が1982年より原作コミックの連載を開始し、1984年には映画化された名作中の名作。異形の生物「蟲」が住む「瘴気」と呼ばれる猛毒を大気に噴出する森「腐海」の拡大、そして終わらない戦乱によって終末を迎えようとしている文明崩壊後の世界を描いた物語だ。

さて「ナウシカ」に登場する蟲で最も記憶に残る蟲師といえば、ストーリーにも深く関わる深い最大の生物「王蟲」だが、次いで我々に衝撃を与えたのは「蛇螻蛄(ヘビケラ)」をおいて他にないだろう。ムカデに似た巨体にトンボのような羽を生やし、鋭い牙とオレンジ色に光る3つの目を持つこの蟲は、空を飛ぶ「翅蟲(はむし)」の中でも特に凶暴との設定だ。