TOPandGIRLお釈迦様の誕生日4月8日の「花祭り」で開...

お釈迦様の誕生日4月8日の「花祭り」で開運する方法とは?

4月8日にお寺で行われている「花祭り」というお祭りを知っていますか?「花祭り」とは、お釈迦様が生まれた日とされている4月8日に、お釈迦様の誕生を祝って宗派に関係なく全国のお寺で行われる行事です。「灌仏会(かんぶつえ)」だとか、「降誕会(ごうたんえ)」、「仏生会(ぶっしょうえ)」などとも呼ばれます。今回は、この4月8日の「花祭り」に開運する方法をお教えします!

4月8日ってどんな日?

お釈迦様が生まれたと言われている日!4月8日は、仏教を開いたお釈迦様が生まれた日だと言われています。〝言われている〟というのは、お釈迦様の誕生について明確に記録した資料がなく、いくつもの言い伝えがあるため、正確な誕生日はわかりません。中国暦の4月8日という説が日本では支持されていますが、インド太陰太陽暦の2月15日に生まれたとする国もあります。仏教を開いた人が産まれたことをお祝いする日なので、キリスト教でいうところのクリスマスと同じくらい大事な日!全国のお寺では、「花祭り」というお祭りを行っています。

「花祭り」は何をするの?

全国のお寺ではお祭りが行われています。4月8日にお寺に行くと、特別な法要が行われています。たくさんの花で飾った小さなお堂が作られていて、中には甘茶で満たされた水盤が置かれ、生まれた直後のお釈迦様の姿を表した「誕生仏」が安置されています。このお堂は「花御堂」と言い、お釈迦様が生まれた「ルンビニーの花園」を再現しています。水盤に甘茶が入っているのは、お釈迦様が生まれたときに、龍が現れて甘い雨(甘露)を降らせたという伝承に由来しているそう。参拝者はこの誕生仏にお参りし、振る舞われている甘茶をいただきます。他にも、稚児行列やパレード、ライブ、落語など、さまざまなイベントが行われています。2021年はコロナの影響でお祭りを自粛したり、小規模にして行うお寺もあるようです。詳細に関しては、ホームページや電話で確認してください。

4月8日の開運アクションをCHECK

■お寺で行われる「花祭り」に参加する




お釈迦様の像に甘茶をかけて手を合わせて


「花祭り」に参加したら、花御堂の中の誕生仏にお参りしましょう。まずは手を合わせて礼拝し、柄杓で甘茶を3回注ぎ、心を込めて手を合わせてください。最後にもう1度手を合わせて礼拝します。これで、お釈迦様のパワーで運気がぐんぐん上がるはずです!

■甘茶を飲んで健康運と金運をUP!




甘酒でもOK!


お釈迦様が生まれた時に天から降ってきた甘露は不老不死の妙薬と言われています。その代わりに甘茶をお釈迦様像に注ぐのですが、この甘茶を飲むと無病息災で過ごせると言われています。「花祭り」に参加すると、甘茶が振舞われているので、是非いただいてください。甘茶とは、ヤマアジサイの変異種「アマチャ」の葉っぱを発酵させた後に乾燥させたもの。発酵・乾燥させることで独特の甘みのあるお茶に仕上がります。甘いものには金運を上げるパワーがあると言われています。甘茶を飲むことで、健康運も金運もUPさせることができちゃいます。もし「花祭り」に参加することができない人は、家で甘茶をいただきましょう。ただ、どこにでも売っているようなお茶ではないので、もし手に入らなければ甘酒でもOKです。

■花見をする!


お酒と料理で神様をおもてなしして




4月8日は、「卯月八日(うづきようか)」といって農業の大切な節目とされてきました。農村部では、野山で飲食をしたり、花摘みや野遊びをする風習があったそうです。また、花見の日として、桜の木に宿った神様にお酒と料理でおもてなしをし、自分たちもそれをいただくことでその年の豊作を祈願していました。現代では、豊作=金運UPに繋がります。新型コロナウイルス感染症が気になる今年は、桜の花を買ってきて、自宅でお酒とお料理をいただくといいでしょう。

「花祭り:はあまり知られていない行事ですが、仏教においてはとても大切な日です。ぜひ、今年は新型コロナウイルス感染症に気をつけながら、お祭りに参加してみましょう!



参考にしたサイト

http://www.jbf.ne.jp/wp-content/uploads/site211/files/special/hanamatsuri.html

https://www.yomeishu.co.jp/genkigenki/crudem/140327/index.html





文/水浦裕美