TOPandGIRL目的は彼にやりがいを感じさせること♡求め...

目的は彼にやりがいを感じさせること♡求めて伸ばす、モテ女のベット上でのテクを大公開!

床上手な女子たちが実践しているテクニックをご紹介。この3つをおさえれば、彼からもっと求められる女になれる、そんなとっておきを学んで是非ベッドの上で実践してみて♡

「気持ちいい♡」は男子にとっての褒め言葉!




『気持ちよすぎて我慢できない・・・』っていうと、彼は『イッてもいいよ』とやさしく言ってくれます。ますます好きになっちゃう瞬間♡」(IT関連会社勤務・27歳)



「挿入中に『気持ちいい♡』ってちゃんと言うようにしています」(建築会社勤務・29歳)



「『あーん♡』とかだけだと普通。気持ちよかったらそれをちゃんと伝えてます。その方が彼が喜ぶ気がする」(自営業・36歳)



「正常位でピストン運動をしているときに彼がよく『気持ちいい?』って聞いてくるので『すごく気持ちいいよ♡』って答えると嬉しそうです」(IT関連会社勤務・29歳)

「気持ちいい」という感想をその都度ちゃんと伝えること。男子はそれを自分の功績に感じて、ますます彼女のためにがんばりたくなるし、結果的に彼を持ち上げる言葉になる♡


おねだり=彼を求めてるってこと♡

仕事でもセックスでも〝求められる〟ことは男子にとってのやりがい♡




「あえて求める言葉を多めに口にするようにしています。たとえば、『もっと強く・・・』とか。普段は絶対に口にしないエッチな言葉を口にすることで、彼の興奮を煽ってます」(IT関連会社勤務・30歳)



『ねぇ、チューして♡』とか『挿れて欲しいの』っておねだりすると、彼をより求めているように聞こえると思うし、必ず使うテクです」(メーカー受付・27歳)



「私は乳首が性感帯。ちょっと強めにつままれたり、噛まれたりするのが好きなんだけど、『ギュッとして』とか『もっと強く・・・♡』とお願いすると、彼は戸惑いながらも嬉しそう。そうやって今までの彼を自分好みにしてきた感じ(笑)」(運輸会社勤務・31歳)



「セックス中は『キスして♡』って、何度もおねだりしてます」(IT関連会社勤務・28歳)



『もっと・・・♡』とか『深くまで挿れて♡』っておねだりすると男子はがんばっちゃうみたい(笑)」(商社勤務・31歳)

「もっと・・・♡」という言葉はセックスにおいてキラーワード。自分の願望を満たしつつ、彼をさらに求めている感あり♡


とどめは彼の名前を呼ぶ♡

もっとも最強なセリフは、下の名前を呼ぶこと!




「いつも下の名前で呼んでいないならより効果大。呼び捨てにすることで、この子は俺のもの、と言う意識を高めている気がする」(IT関連会社勤務・28歳)



「とりあえず、セックスがイマイチだったとしても下の名前で呼びます。たとえば〝かずくん〟とか〝しんくん〟〝けいくん〟って1文字だけとって君付けするのも好感度大。気をつけるのは、ちゃん付けしないこと。上からな態度は極力避けます」(自営業・33歳)



彼がピストン運動しているときに、彼の名前を呼ぶと喜ばれます。私はあなたのものアピールです(笑)」(ネイリスト・29歳)



セックスの最中は下の名前を呼ぶと、男子のスイッチが入るらしい。雰囲気づくりのための、ラクちんな方法です」(広告代理店勤務・32歳)



「彼の名前を呼びつつ目を潤ませる、が最強♡」(デザイナー・28歳)

やっぱりしたの名前を呼び捨てにするのは特別。普段呼び捨てにしていないなら、彼にとって特別感が出て効果的です♡


彼のやる気スイッチを押してより虜にする3つのポイント


  • 感想はその都度言葉にして伝えること。「気持ちいい」が言いやすくて効果的
  • とにかくして欲しいことを求めること。求められると男子のやりがいになる!
  • 最高潮のときには下の名前を呼び捨てで呼んでみて。一気に特別感が上がります♡




取材・文/成田リナ