TOPmamagirl子どもの成長に合わせて“心をかけてあげる...

子どもの成長に合わせて“心をかけてあげる”と自立につながる



子どものやりたい気持ちを尊重し、見守ることが自分でやる習慣になる


子どもが2歳頃になると自分のことを自分でやりたいと思うようになります。
靴を履いてみたりボタンを留めてみたり挑戦しますが、手先が器用に使えずなかなか思うように上手くできません。朝の忙しい時間帯だとお母さんも早く出かけたいのでついつい手を出してしまうこともあります。