TOPWHAT's IN? tokyo 阪本奨悟がラップに初挑戦。Broadw...

阪本奨悟がラップに初挑戦。Broadway Musical「IN THE HEIGHTS イン・ザ・ハイツ」で照らし出される“希望”とは

2008年度トニー賞で最優秀作品賞を含む4部門に輝き、2009年度グラミー賞では最優秀ミュージカルアルバム賞を受賞したBroadway Musical「IN THE HEIGHTS イン・ザ・ハイツ」。2014年には日本版として初演された本作が、2021年春に再演される。
ニューヨークのマンハッタン北西部にある移民が多く住む町・ワシントンハイツを舞台に、従来のミュージカル作品にはなかなか取り入れられてこなかったラップ、サルサが散りばめられ、ヒップホップやラテンを基礎としたパワフルかつ情熱的な歌とダンスで多くの観客を魅了したミュージカルだ。
今作で、ドミニカ出身の主人公ウスナビ(Micro/平間壮一 Wキャスト)の従兄弟・ソニー役を演じるのは、阪本奨悟。2017年にシンガーソングライターとしてデビューし、音楽活動はもとより、ミュージカル『刀剣乱舞』などの2.5次元舞台をはじめ、近年ではアニメ『トライナイツ』の声優を務めるなど俳優としても注目を集めている。そんな彼に本作の見どころや意気込み、初挑戦になるというラップについて、舞台に立つことが音楽にもたらす影響などを聞いた。