TOPWHAT's IN? tokyo 日本語の美しさを感じる――市川染五郎、...

日本語の美しさを感じる――市川染五郎、映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』の魅力と歌舞伎役者としての思いを語る

十代目松本幸四郎を父に、女優の松たか子を叔母に持つ八代目市川染五郎。4歳で初舞台を踏み、これからを担う若手歌舞伎役者として期待され、その端正な容姿から歌舞伎ファン以外からの人気も高い。

そんな彼が、初映画・初声優・初主演(杉咲 花とW主演)を務める劇場アニメーション『サイダーのように言葉が湧き上がる』が7月22日(木・祝)に公開を控える。初めての経験で彼は何を学び、どんなことを感じたのか。そこにはやはり、歌舞伎役者としての強い思いがあるようだ。

取材・文 / 望月ふみ 撮影 / 冨田 望


◆いつかはオリジナルの新作歌舞伎を書きたい。
サイダーのように言葉が湧き上がる 市川染五郎 WHAT's IN? tokyoインタビューーー 初めての映画、初めての声優、初めての主演と本作では様々なことをご経験されたと思いますが、感想はいかがですか?

初めての映画がアニメーションだとは思っていなかったので、最初はビックリしましたけど、父や叔母も声優の経験がありますし、やってみようかなと思って挑戦しました。以前に朗読のお仕事をしたことがあって(13歳の時に朗読劇『ハムレット』に初挑戦している)、そのときにも声のお芝居の難しさは感じていましたが、改めて声だけという限られたなかでの表現の難しさを痛感しました。でも、『ハムレット』の時よりは、少しは成長できたかなと思います。